見出し背景

ブログ

【台湾へ入国されるお客様向け】入国準備 〜 帰国の流れ(2022.5.8.更新)

2022年5月8日
その他
【台湾へ入国されるお客様向け】入国準備 〜 帰国の流れ(2022.5.8.更新)

本ページではすでに医療ビザを取得し台湾への入国を行うお客様に向けたページです。
当院でも関係各所に確認をし、台湾入国の手続きを確認をしましたので、以下に説明をしています。
なお、以下の情報は2022年5月8日時点の情報となり、お客様ご自身でも台北経済文化代表処等から発表される情報から、十分なご確認をお願いいたします。
※今後変更がある場合には本ページを更新いたします。

参考)https://www.roc-taiwan.org/jpyok_ja/post/7349.html


本ページでの説明の流れ

1. 出国前〜帰国までの主な対応事項
2. 想定費用
3. 持ち物
4. 簡易検査スケジュール(2022.5.8.時点)


出国前の対応

(1) PCR検査(英文)の取得

搭乗前2日以内の英文での陰性証明が必要です。
例えば、6/4搭乗の場合、6/2〜6/3に事前に検査を受ける必要があります。


(2) 書類の印刷

「入国時の対応」部分でも説明をしますが、台湾到着後には検疫システムにオンライン登録する必要がありますので、リンクのPDFを印刷して入国時にお持ちください。
※今後も更新する場合がありますので、入国前の最新のものを印刷してください。
【要印刷】台湾入国時の入力フォーム説明書_大新生殖中心作成(2022年5月8日作成)


(3) 宿泊予定の隔離ホテルのLINE@の友だち追加

空港出発時の連絡、そして隔離期間中にはホテルとの連絡で必要となりますので、事前に友だち追加をお願いします。
なお、ホテルに事前に確認する必要がありましたら、直接LINEのメッセージでホテルまでご連絡をお願いします。
・タンゴホテル長安: @507krtos
・雀客旅館台北南京: @ffc9979r
・雀客旅館台北松江: @213yzwes
・丰居旅店北車防疫館: @577lfndj


入国時の対応

(1) PCR検査

空港でのPCR検査は係員に案内され、結果は15分程度で判明するようです。陰性であれば防疫タクシーに乗り、隔離ホテルへ移動可能です。


(2) SIMカードの購入

入国手続きにあたり台湾での携帯電話番号が必要となるため、到着後の空港でSIMカードを購入し、スマートフォンにSIMカードを入れてください。(販売スタッフのサポートがある場合あり)

□ 販売している通信キャリア
中華電信をお薦めします。
・桃園国際空港: 中華電信、台湾大哥大、遠傳電信、台湾之星、亞太電信
・松山空港: 中華電信

□ 注意事項
SIMカードを入れる場合には、日本で事前にスマートフォンのSIMロックを解除しておく必要がありますので、ご確認ください。※詳しくは日本の携帯ショップ等でご確認ください。
参考)https://hotels.his-j.com/ct/tripiteasy/post-0-9/

(3) 検疫システムへの登録

SIMカードを購入すると、台湾の電話番号が付与されます。その電話番号を使用して下記の登録を行う必要があります。
出国前の対応(2)で記載の書類を事前に印刷しておき、その通りに進めてください。(空港スタッフにサポートいただける場合もあります)

【検疫システム】 https://hdhq.mohw.gov.tw


(4) 両替

空港の両替カウンターがありますので、空港内で両替をしておくことをお薦めします。


(5) 簡易検査キットの受け取り

簡易検査キットは空港で防疫入国手続きの時にいつ検査をするか等の説明を受けて、無料で提供されます。
紛失した場合、隔離ホテルに伝え新たに用意してもらうこととなります。ただしその場合実費となります。


(6) 防疫タクシーに乗り隔離ホテルへ移動、ホテルへの連絡

空港には防疫タクシーが常に多く待機していますので、簡単に乗車可能です。
隔離ホテルの名前、住所を伝え直接タクシーで移動してください。

費用
・桃園国際空港 → 台北市内(約2,000台湾ドル)
・松山空港 → 隔離ホテル(約1,000台湾ドル)

防疫タクシーに乗車した/する旨を、滞在予定の隔離ホテルへLINEでお知らせください。事前に連絡が必要です。


隔離ホテルでの滞在

(1) 隔離ホテルへの体温の報告

朝の9時、夜の8時にLINEで隔離ホテルに直接メッセージで報告してください。
※ホテルにより時間等異なる場合がありますので、その場合ホテルに確認ください。


(2) 中央流行指揮センターへの報告(不要な場合あり)

中央流行指揮センターが管理している「疫止神通」をLINEで友だち登録し、入国情報等を登録ください。※言語には日本語はありませんので英語です。

【疫止神通 LINE】https://page.line.me/591bumsp

毎朝9時頃にSMSで連絡がくるということで、そこに数字で返信していただく必要があるようです。
※滞在地域により必要、不要があるようで、登録ができない場合にはそのままで問題ないようです。その場合には滞在期間中にSMSで簡単な英語でメッセージがありますので、1や2などの数字の打ち込み回答で終わるようです。


(3) 残金のお支払い

Tango Hotel長安、雀客旅館台北南京、雀客旅館台北松江については、予約金としてすでに支払った30%に加え、残り70%の支払いが必要です。
なお、30%の支払いと同様に、メールで決済URLが届きますのでクレジットカードで対応ください。当院のメールアドレスにきた場合は、お客様へ転送させていただきます。
※丰居旅店北車防疫館は予約時に100%支払いのため不要です。


自主健康管理期間

公共交通機関の利用はできませんが、その他特に大きな制限はありませんので、飲食や観光も可能です。
自主健康管理期間明けには、新幹線でお越しください。なお高鉄台中駅からはMRTも新たにできましたのでお使いいただけます。

当院へのアクセスはこちらのページよりご確認ください。


帰国前のPCR検査

現在日本の入国には、日本政府指定フォーマットでの出国前72時間以内の陰性証明が必要となります。
PCR検査に対応している台中の病院をご案内しますので、診察の際にご説明させていただきます。


隔離ホテル情報

タンゴホテル長安 <中文名:天閣酒店 台北長安
5桁ID:02051
住所:台北市中山區正得里林森北路80號
電話番号:+886-2-2531-7777

■ CheckInn 台北南京 <中文名:雀客旅館台北南京(台北有園飯店)>
5桁ID:02137
住所:台北市中山區南京東路三段16號
電話番号:+886-2-2506-1001

■ CheckInn 台北松江 <中文名:雀客旅館台北松江>
5桁ID:02052
住所:台北市中山區松江路253號
電話番号:+886-2-7726-6277

■ Via Hotel Taipei Station <中文名:丰居旅店北車防疫館>
5桁ID:02124
住所:台北市中正區重慶南路一段60號
電話番号:+886-2-2314-2121


想定費用

・SIMカード:1,000〜2,000台湾ドル程度
・防疫タクシー(桃園国際空港〜台北市内):2,000台湾ドル程度
・帰国前のPCR検査陰性証明:7,000台湾ドル程度
・妊娠判定後のお薬代金: 妊娠判定の移植10日目までのお薬は当院で無料で処方しますが、その後の妊娠8〜10週目までのお薬を、当院から処方を希望する場合は15,000〜25,000台湾ドルがかかります。バックアップクリニックで処方いただける場合には費用かかりませんので、その旨来院時にお知らせください。


持ち物

(1) 当院から処方したお薬全て
(2) 英文PCR検査の陰性証明
(3) クレジットカード(隔離ホテルの残金支払い含め必要です)
(4) 入国時の検疫システム登録用の説明書(印刷してお持ちください)
(5) 体温計


台湾での簡易検査スケジュール(2022年5月8日時点)

簡易検査キットでの検査は、隔離滞在最終日の1回のみへと回数が大幅に減りました。なお検査キットは台湾到着後に空港で配布されます。
結果を「疫止神通」にLINEで報告して終了です。

その他

関連トピック